jetggtasu

問題提起:あなたのWEBサイトやブログにアクセスはありますか?

あなたは、サイトを立ち上げてそのままになっていませんか?
そのままになっているとしたら、まずは、ビジネスブログを始めます。

もしブログを開始していたとして・・・まるっきりアクセスがない状態ではありませんか?

アクセスがなければ、ブログを記載してもまるっきり、書く気が失せてしまいますよね。
そこで、じっとがまんして、検索エンジンにかかるまで待っているつもりでしょうか?

だとしたら、血のにじむような努力が必要になるかもしれません。

解決策:ブログアクセス数をアップさせるなら、まずはSNSとの連携

WEB集客でブログが必須という話は、以前に記載していますので、そちらも参考になさってください。

さて、ブログを記載し始めて、そこにアクセスしてもらうためにはどういった方法があるでしょうか?

検索エンジンのPPC広告を出す。
facebook広告を出す。
その他あれこれありますよね。

WEBPR

上記は、ビジネスコンサルティングの時に、私がホワイトボードに記載したものです。

WEBPRとして捉えたときに、本当にたくさんの種類があることがわかるかと思います。

この中で、すぐにでも取りかかれるのが、SNSの活用です。

SNSと言ってもたくさんありますが、やはり中心的に考えるのは、facebook、twitter、Google+になります。
情報がシェアされやすいのと、今までのつながりを有効に使えることになります。

facebookについては、個人活動もですが、出来るだけ公式facebookページを作成しておきましょう。個人発信は個人発信としてオーナーの人柄を伝える。公式ページでは、自社や自分のサービス・商品のPRをするようにわけておきます。

facebook、twitterについては、手書きで情報を流すことが基本にはなりますが、ビジネスブログの情報を表示させたいときなどは、やはり、手間をかけたくありません。

その時に役立つのが連携ツールです。

そのうちに一つとして「WordPressとFaceBook、Twitter連携プログラム:NextScripts: Social Networks Auto-Poster」を先日記載しておきました。

このプラグインで、facebookとtwitter連携はとてもきちんと稼働し、アイキャッチ画像なども大きく表示してくれるので、便利なツールです。

ですが、唯一、このプラグインについては、Google+との連携が「有料」です。ですので、この部分を補間する必要があります。そこで、出てくるのがJetPackというプラグインです。JetPackだけでもtwitter、facebook連携も出来るのですが、細かい設定についてはやはり、NextScripts: Social Networks Auto-Posterに部があります。

根 拠:SNSがブログ集客役立つ3つの根拠

では、なぜ、SNS活用が、WEB集客に役立つのでしょうか?

1.SEO対策

SEOについては、「良質な被リンク」が役立つことは、周知の事実です。ブログページ(URL)をSNSに記載することにより、そのブログページはSNSからの「被リンク」を受けることになります。

facebookや、twitterについては、ページランクの高いドメインで有ると言うことも重要なポイントです。

ページランクの高い、WEBサイトから「被リンク」されることで、そのWEBサイト自体も検索エンジンから認識されることになります。

2.情報の拡散

SNSの一番重要な機能は「情報の拡散力」です。facebookで「いいね」からはじまり、それが良質な情報だった場合「シェア」して貰えることになります。

重要で、有益な情報はシェアすることで、そのシェアした人のボードにも掲載されることになります。

twitterで言えば、リツイートという形で現れてきます。

Google+との連携には、Googleからの良質な被リンクという形になります。また、情報の拡散力も持っていますので、少しずつでも続ける方が、結果として表れます。

3.プッシュ情報とゲット情報の違い

【情報】そのものを考えたとき、プッシュ情報とゲット情報があります。

ゲット情報=つまり、ユーザーが検索して情報を求めてくる情報です。この場合、検索にかかればユーザーは自社サイトに検索エンジン経由で入ってきます。そこに有益な情報があれば、サイト内をじっくりと巡回してくれることになります。

ですが、ゲット情報は「ユーザーが自分で行動してこないと目に入らない情報」です。ですから、WEBサイトを作って何もせずに放っておき、検索エンジンにもひっかからないのでは、誰も来ないことになるので、そのサイトは存在しないも同然ということになります。

プッシュ情報=こちらは、自分で他の人の目にとまるところに情報を出し、それを見てもらうという形態の情報です。一般的なメディアCMや、看板などはこの「プッシュ情報」に該当します。

これをWEBサイトにおきかえると、SNSへの情報通知です。

結 論:

WEBサイトへのアクセスを増やしたい場合は、SEO対策も重要ですが、SNSを活用して、プッシュ情報を出すことも重要です。是非、あなたのサイトやブログを上手に「プッシュ」して情報を見てもらいましょう。

あなたがするべきこと

facebook、twitter、Google+のアカウントがなければ、即刻作成してください。
もちろん、SNSによってはサイト専用で作成した方がいい場合もあります。

facebookページは、外部からは誰が作ったかわからない状態ですので、まったく関連性のないfacebookページだとしても安心して個人IDから作成しておきましょう。

twitterは個人アカウントの追加でも構いません。ただし、連携させるときにスマホの電話番号が必要になりますので、よく考えて作成するか、継続するかを考えてください。Google+のアカウントも同様です。ビジネス専用または今までの通常アカウントを使用するかは検討してみてください。

それぞれのアカウント設置が完了したら、あなたのWEBサイトとの連携をして、自動投稿できるようにしておきます。