WordPressでスライドシェアのショートコードを使うプラグイン

スライドシェアのプラグインを使用するには、まずプラグインを導入し、有効化します。
プラグイン新規追加の画面で slideshare を検索し、インストールと有効化を行います。
image58

スライドシェアをレスポンシブデザインに対応させるCSSを追加します

参照
SlideShare をレスポンシブ対応させる方法についての考察
SlideShare の埋め込み表示をレスポンシブ対応させ

スライドシェアの「最大化ボタン」を機能させる

このままでも貼りつきますし、見ることも可能です。
ですが、最大化のボタンが機能していません。上記のリンク先のページで試してみるとよいです。

そこで、もうひとつ。
プラグインの編集を行います。スライドシェアプラグインのslideshare.phpを編集画面で開きます。
その下から 1/3くらいのところに、iframeについての記述があります。
ここに  allowfullscreen=”allowfullscreen” と記述を追加します。

image60

これで無事に最大化も可能になります。
(プラグイン更新されると上書きされるのでご注意を。本気でやるなら別の方法を(笑))

以上、

スライドシェアの登録からWordPressへの貼り付けまでの全工程でした。

スライドシェア埋め込みサンプルはコチラ
2016/09 主催:船橋商工振興課にてITC活用講習会