2)作成していく
image7

次のページで、WEBを選択します。

3)Origin Setting

4)Default Cache Behavior Settings
キャッシュのセッティングをおこなう
デフォルトのままでも大丈夫かと思いますが、POSTなどフォーム部分のCGIもクラウドフロントにもっていくときは、念のために
Allowed HTTP Methodsで「GET, HEAD, OPTIONS, PUT, POST, PATCH, DELETE」を選択しておくとよいです。
また、キャッシュ時間についても、デフォルトのままで「オリジナルサイトでのキャッシュ設定」を有効にする

Object Caching
のままでも大乗です。
キャッシュ時間を設定する場合は下記を参考にしてみてください。

 

5)Distirbution Setting
image12

クラウドフロントの作成作業が開始されます。image13

この間に、他の作業を進めましょう。

次のページです。