GDJ / Pixabay

Amazon CloudFrontについては、WordPressサイトの高速化を検索していると、あちらこちらで見かける。同じようなものでJetPackのPhotonもみかけるが、http://on-ze.com/archives/4540 (ワードプレスを超高速にする[Jetpack Photon]のデメリット)でもある通り、デメリットがかなりあります。

ですので、CDNを考えるならば、画像だけでなく、スクリプトやCSSも対象にできるし、また、安全性・信頼性・安定性などなどから見てもAmazon CloudFrontがベストな選択になるのだと思います。

もちろん、それ以前にサイトの最適化を行い、スピードをアップしてなおかつ、CDNも考えるというのが手順ですので、高速化だけでしたら、コチラの記事に有るとおり、.htaccessの変更だけでも大丈夫かと思います。WordPress表示スピードの爆速化(XSEVER,賢威)

ちなみに、何もしていない現在のページはこんなスピードです。

まずは、PHPのバージョンを事前確認しておきましょう。

現段階で、最新のものになっています。PHPやそれに絡むバージョンが古いと、後でAWSのプラグインが入らないので、以前からあるサイトなどは要注意です。

後は、.htaccessを変更して・・functions.phpで、余分なヘッダを削除して・・・jqueryも外部のものにとりあえず入れ替えて・・・minifyはめんどっちいので放棄。あとはEWWW Image Optimizerで、イメージをとりあえずすべて最適化・・

そうすると、大体な感じになってきました。

もちろん、このサイトも↓ のような、googleのスポンサードサーチをいれてあったりするので、その部分の最適化はasync=非同期の設定くらいしかできません。

さて、本題のWordpressでAmazon CloudFrontを導入(CDN)する方法です。

Amazon CloudFrontを導入

1.アマゾン ウェブ サービス(AWS) – クラウドコンピューティングサービス
https://aws.amazon.com/jp/ に行きログインします(IDがなければ作成)

image6

2.クラウドフロントの設定
1)CloudFrontを選択

2)作成していく
image7
image8

3)Origin Setting
image9

4)Default Cache Behavior Settings
キャッシュのセッティングをおこなう
image10

5)Distirbution Setting
image12

クラウドフロントの作成作業が開始されます。image13

この間に、他の作業を進めましょう。

次のページです。